2008年06月09日

韓国東海旅行 (3 日目)

2008 年 3 月 9 日

8:00 起床。ただし朝飯が 9 時からとか言われたので、お茶飲んでお菓子 (梅味のせんべい) 食べて出かける。
途中ファミマでおにぎり購入.W5,000 くらい。
また、ガソリンスタンドでトイレ借りる。
指差し会話帳をを初めて活用。「ファジャンシル ジュセヨ (トイレ貸してください)」

この日の午前中にようやく東海 (日本海) に出る。
これで安心して北上できると言うものだ。
途中浦項市内で道に迷うが無事復帰・・・都会の道は急に道が変わる上周りの雰囲気も日本やアメリカとはずいぶん違うからやりにくい・・・。

昼ごはんは海沿いの食堂で。(浦項市 Janggi 面新倉里)
身振り手振りでおばちゃんと話を付けて汁物定食 W5,000 を注文。
韓国料理の流儀 (?) 通り、漬け物、キムチなどの付け出しが出た後にメインの菜っ葉のみそ汁がお鍋で登場。
みそ汁は唐辛子でピリ辛。
さらにご飯が付く。
とってもウマーイ。

080309-120039.jpg

ちなみにみそ汁は外でおっちゃんが釜で煮ています。

080309-122200.jpg

窓から見える海はとても奇麗。
日本側よりも奇麗で澄んでいるような気がします。

IMG_1520.JPG

途中で謎のカニの銅像も発見・・・。

IMG_1525.JPG

でかいー!

IMG_1530.JPG

カニと格闘するバッファロー。
(ちなみにこの銅像がどこにあったかメモするのを忘れてしまいました・・・どこにあるのか分からなくなってしまっているので、分かる方は教えてください!)

宿は今回こそリーズナブルに、古めのモーテルで・・・1 泊 W30,000。
夕飯は隣の食堂でチゲ鍋、W5,000。
このモーテルでは鏡の裏で LAN ケーブルを発見! たまたまつないだら使えたので 2 日ぶりにメールをチェック。
宿泊は慶尚北道蔚珍郡竹邊面鳳坪里にて。


韓国の安モーテル

この日のモーテルは旅行した中で一番ボロだったものの、そんなにひどいという訳でもなく。
結構モーテルのはしごで安く韓国旅行は出来そうである。以下のような宿でも「快適! 最高!」という方はぜひ韓国貧乏ぶらぶら旅行を推奨しマス。
以下その記録。

IMG_1532.JPG

基本的には部屋はオンドル。

IMG_1533.JPG

洗面所でお洗濯・・・。
オンドルなので朝まで奇麗に乾きます。
部屋はシンプルなので引っ掛けられそうな所はとことん物干。

IMG_1535.JPG

風呂場・・・30 度くらいのお湯しか出なかった。
しかもシャワーなし。風呂釜は垢だらけ。
風呂は期待するもんではなさそう。

IMG_1536.JPG

風呂と洗面台の排水配管が無い!!
風呂の水は床にじゃぶじゃぶ流れて洗面台の排水のホースが差してある「床の割れ目」に流れて行きます・・・。
宿の主人に聞いたら "No problem!" とのこと・・・。

IMG_1539.JPG

海外旅行の常。充電のタコ足配線。
韓国は 200V なので要注意。

IMG_1541.JPG

宿の主人からみかんを貰いました。
おいしかったです。(1 個くさってたけど)

IMG_1542.JPG
posted by yopsuke at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国旅行 (2008 年 3 月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国東海旅行 (2 日目)

2008 年 3 月 8 日

この日は 6:00 に起床。外海になっていきなり揺れだして、真っ暗な中でゆらゆらゆれ続けるのはさすがに気分悪い・・。
甲板に出て気分転換した後にインターネット。メールを返す。
7:50 に遅い朝飯、スープ定食 W8,000 を食す。

IMG_1492.JPG

釜山へは 11:10 着。両替をしてからバスで釜山駅へ。
12:00 に AVIS でレンタカー借り出し。

080308-120604.jpg

早速 Garmin GPS をオンしとりあえず釜山を出ようとするが・・・案の定道を間違える。
ガソリンは満タンになってないしどこにいるか分からんし悶絶。距離感と地図と GPS がリンクせず大変だ。
14:00 頃、ようやく釜山市中央部から離れることができ、遅めのメシ。
焼肉だが緊張で余り食べれず・・・。W15,000。
そういえばハングルが読めないので飯屋を探すのも一苦労である・・。

再びドライブ再開。

080308-151548.jpg

郊外っぽくなってきたり。(とはいえまだ釜山廣域市内なのだが)

080308-152711.jpg

ファミマに寄ったり。

080308-152711.jpg

ようやく気分に少し余裕が出てきたのでレンタカーの Kia Cerato の写真を撮ってみたり。
久々の左ハンドルなので駐車が下手だ(笑

その後も走り続けたが、精神的に結構疲れたので早めに宿決めてくつろぐことにする.たまたま見つけた Dongbusan Tourist Hotel (釜山廣域市機張郡長安邑) で宿泊。W105,600 でちょっと高めだがまぁ良し。

080308-164028.jpg

ジャグジー入ってゆっくり。
夕食は金ちゃんラーメンである。

080308-181102.jpg
posted by yopsuke at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国旅行 (2008 年 3 月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国東海旅行 (1 日目)

2008 年 2 月 4 日のログで書いていた通り、韓国旅行に行ってきた。
大分遅くなってしまったが記録を残しておこう。

日程は 3 月 7 日に日本を船で出発し翌日釜山着、東海 (Donghae, 日本海) 沿岸を北上し国境近くまで行って再び釜山へ、船に乗って 3 月 15 日に帰国するプランである。
レンタカーのみ日本で手配し、宿泊予約全泊なしの行き当たりばったり、行ったとこまで旅行である。
(むしろペース配分に無理があり急いで事故を起こすよりはマシ、との考えから。)


主な持ち物

・交通・觀光 韓國道路地圖 (漢文・英文版)
・Garmin GPSmap 60CSx Asia-Pacific
・パスポート
・国外運転免許証
・Credit cards (Visa / Amex)
・TC (Amex) USD500
・Let's note R3
・Canon IXY Digital 70
・レンタカーのバウチャ
・Panstar Ferry のフレイトチケット
・レンタル携帯
・Advenced/W-ZERO3 [es]
・iPod (20GB) + iTrip
・電子辞書 (英和・和英)
・洗濯粉
・若干の食料、日本茶、お菓子
・バッファローのぬいぐるみとセントレアのトリ

バッファローのぬいぐるみは New York の Cold Spring で買ったやつ。セントレアのトリは New York に行くときに妹にもらったもの。
海外旅行のお守り代わりで忍ばせていくことに!

080307-090715.jpg


2008 年 3 月 7 日

とうとう出発の日。一応部屋の掃除をして 9:30 に自宅発、最寄りの近鉄駅へ。
近鉄特急で近鉄難波へ向かう。
近鉄の駅で大きなスーツケースを持っていると何か妙だ・・・海外に行く人間の居る場所じゃないなぁ。
昼に近鉄難波着、弁当買う。最後と思われる日本食は売店のハンバーグ弁当 500 円 orz
地下鉄経由でコスモスクエア駅に到着後徒歩で大阪港国際旅客ターミナルへ。

ターミナルは運び屋さんと思われるダンボールが山積み・・・殆ど韓国語の怒号でもうすでにここは日本では無いような感が・・・。

080307-130216.jpg

14:50 から入国手続きして乗船。

IMG_1448.JPG

出航後は甲板出て外を見たり,明石大橋見たり,瀬戸大橋見たり.
船旅はええですなぁ。

韓国の船ということで船内は日本の雰囲気はわずか。
コンビニも GS25 でウォン払いだし、客室では宴会が・・・。
夕飯はビビンバ定食,W10,000.

IMG_1470.JPG

とりあえず明日からの英気を養うために風呂入ってすぐに寝る。
posted by yopsuke at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国旅行 (2008 年 3 月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

韓国旅行計画してます

卒業旅行のつもりで韓国散策? を計画している。
3 月中旬に 1 週間、"飛行機を使わず" に渡韓してレンタカーでぶらぶら回ると :D
いろいろ下調べをして根回しをして・・・たつもりやったけどいろいろ紆余曲折が・・・。
非公開だったログと合わせて今までの軌跡を。


2007 年 3 月 28 日
本来はヴォーグで行こうと思っていた。
船会社に問い合わせたところ OK、web で調べても登録証書 + 海外プレート + 免税で良さそうであった。
しかし、実際はそう簡単でなく。


2007 年 4 月
登録証書を受けに行くも微妙に門前払い。


2007 年 5 月 3 日
ようやく申請受理。


2007 年 5 月 8 日
登録証書来る。


2007 年 5 月 22 日
海外用プレートが届くも取り付け出来ず微妙。


2007 年 7 月
渡航準備を始める予定 (当初は 2007 年 9 月) も就職先が決まらずそんな暇はない。
韓国行きも頭の片隅へ。


2007 年 8 月
就職決まる。
しかし渡航準備するにはすでに遅し。
フレイトチケットと免税の手配が間に合わない。


2007 年 9 月 - 2008 年 1 月
実験と博士論文。


2008 年 1 月某日
フレイトチケットを取ろうとするものの、125 cc 以下は不可とのこと。
(今年やら去年やらに取り扱いが変わったとか。こういうレアケースは不確定な上、船会社と税関の都合で頻繁に変わるのだ。旅はタイミングと運も重要である。)
ちなみに持ち出すには日本で完全廃車にして貨物として輸出し、再輸入が必要とのこと。
要するにフルに関税が 2 回課せられるわけである。
そんなの嫌よ、ということで pending。


2008 年 1 月某々日
ヴォーグはどうにもならなさそうなので移動手段をレンタカーに変更。
雪の心配がなくなって、良かったと言えば良かった。
また、右側通行・左ハンドルの四輪は慣れているので全く問題ないのである。
ちなみに 3 月に自動車を購入予定であるが、これは登録・登録証書・免税の申請が時期的に間に合わないので自家用車での渡航は僕の場合不可能である。
(というか右側通行・右ハンドルがすごく怖いんですが・・・)

渡航手段は船とする。
急ぐ旅ではないし、地球の表面をズルズルと移動して地球の大きさと日本が島国であることを確かめたかったからだ。
フレイトチケットを確定する。


と、今の所こんなもんである。
posted by yopsuke at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国旅行 (2008 年 3 月) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

おさるさん

ホンダ・モンキーが生産中止・・・.


ひでぇ.


http://www.honda.co.jp/motor-lineup/
posted by yopsuke at 18:06| Comment(1) | TrackBack(0) | Moto+Auto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

博士論文も佳境に入りかけ.
内容とは別に印刷する "紙" も問題である.
いつも使っている再生ワラ半紙 (?) だと 2 年くらいで茶色になってしまうのでそれなりの紙が必要.


さっき生協で物色してきたが,そのときに「雷鳥上質」という紙を発見.
なんとなく富山っぽいなーと思いながら値札を探していたら「中越製紙 能町工場」のシールを発見・・・・.
高岡製や!


少し薄手やけど雷鳥にしようかな.
posted by yopsuke at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

Finca Guell 門の鐘

ガウディを 実測・解剖する日々 - ガウディの蘇った鐘、フィンカ・グエル
(田中 裕也さんの blog より)


実家に帰省したときに父から聞いた話である。Spain, Barcelona の Finca Guell 門の鐘が小泉製作所で造られ贈られたと。
この小泉製作所が自分と縁があって、じいちゃんが勤めていた工場なのだ。
退職後に一緒に連れてもらって、鋳造から仕上げまでを見せてもらったこともある。
そのときに造ったのがベガサスの飾り物で、それはお土産にもらって今も実家にある。じいちゃんはバリを取ってやすりをかけてくれた!
それと同じ場所で造られたものがスペインにあって歴史ある建物の一部になっているというのは率直にすごいと思っている。
じいちゃんがやってきた仕事も人伝いで少しはこの鐘の中に入っとるやろうか。


技術を駆使して造られたものが人の繋がりを伝って、国や地域を越えて行き使われ永く残ると、こういうことは素晴らしいことだと思う。
ものづくりというのはこんな機会一つで報われるというか、地道に仕事をして技術を磨いてきた時間の価値を再認識できるような気がする。


自分の場合は銅が炭素やケイ素に、鋳造が CVD に、加工のオーダがナノメートル (10-9 m) に換わっていて、バックグラウンドに物理学や量子力学が付いたような所にいるが、ものづくりの精神性は同じ (だと思う)。
ただ Finca Guell 門の鐘のように "国を越えて行き使われ永く残る" 仕事はまだ少ないし、そこいらを努力しないとあかんな。


Finca Guell 門の鐘もそのうち機会を作って見に行って、音を聴いてこようと思う。
なんせじいちゃんはもうすでに去年の夏に小泉さんのところへ暑中見舞いに行ったときにスペインに発つ前の現物を見ているのだ・・・いいなー。
posted by yopsuke at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

バイオ燃料,輸入無税なんて有り得ない

バイオ燃料、輸入無税へ = 温暖化防止を後押し

政府は 4 日,バイオ燃料の一種であるバイオ ETBE (バイオエタノールと石油系ガスの混合物) の輸入関税 (現行 3.1 %) を 2008 年度から無税とする方向で最終調整に入った. (中略) 地球温暖化防止の一環として、政府は輸入拡大を促す. (以下略)

(Yahoo! ニュース,時事通信社)
個人的な見解としては有り得ませんな.


記事や Yahoo! のコメントは環境のことについて注目しすぎだなぁ.
バイオ燃料は余った米,雑穀,ごみ,ウンコから醸しまくって作れるということで,日本でエネルギーを自給自足できる可能性のある数少ないエネルギーとも言えるのではないか.
それを安い,環境に良いからと輸入してしまってはせっかくのエネルギーの自足を確立するチャンスを捨てている気がする.
一丁政府で頑張って研究とかに予算を出して,多少金をかけて良いから日本で何とかしたらどうか.結局のところ輸入しようが自前で作ろうが環境負荷は減らせるのだし.


と,世の中の論調が自分と大きく違うことにびっくりしたこと,これって目先のことを考えすぎだよねってことで急いでログを書いてみた.
今日が博士論文案の提出予定日だったんだけどなぁ・・・実験とかしてて今日ははかどっていない.むぅ.
posted by yopsuke at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

Prefectural ***

地方自治法施行 60 周年記念貨幣について (独立行政法人造幣局プレスリリース,2007 年 11 月 14 日)


明らかにアメリカの stater quarters のまねっこだが・・・今までの日本に無い面白いプログラムなので期待しよう.
stater quarters はアメリカに住んでる時に真面目に集めてたので気になる・・・.


これの場合は,記念硬貨ってことで大事に机の中にしまわれるよりは stater quarters みたいにじゃらじゃら普通に流通するのがいいなぁ.
今の 100 円硬貨を製造中止にして,記念シリーズを 3 ヶ月ごとに 100 円硬貨でリリースするとか.500 円硬貨は偽造の心配もあるし新硬貨を出したばかりだから無用な混乱を招く可能性もあるかと.


100 円がいいなと思うのは収集家だけが喜ぶものを造るのは他でもできると考えているから.
せっかくの面白い取り組みなので,もっと日常的に見かけることが出来る量を,特に子供がお釣りの小銭の中から見つけて喜ぶようじゃないといけない気がする.
子供が興味を持つものを造る・・・堅い言い方をすれば,それがきっかけで地理に興味を持ったりとか,地元の良さを考えたりとか,お金の流通を勉強するきっかけになったりとかなるといいなということ.
posted by yopsuke at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぱーそーこーんー

自分のパーソナルコンピュータの使用歴を思い出してみる。
ほとんどの時期で複数台所有してた。


NEC PC-9801 VX (1991-1997 年)
初 PC。家族共用。とは言っても父と自分しか使わないが。
ランチャーが無いと全然使えなかった初心者な時代じゃったのう。
ディレクトリがどこか分からなくなって再起動とかしてた。
SimCity とか中心に遊んでた。


NEC PC-9821 Cx (1993 年-)
1993 年に父が購入。
1996 年に父が Cx13 を追加購入したのでお下がりが自分の物になる。
「真っ当にパソコンの使い方を覚えよう」と思って 98 ランチを速攻削除、MS-DOS --> Windows 3.1 --> Windows 95 と一月毎にアップグレードしながら勉強したモデル。
パソコンのイロハを覚えて、Windows アプリケーションをゴリゴリ開発して web に公開してたのもこのマシン。(1997 年頃)
2004 年位に CD ドライブを喚装。音楽を聴けるようになったがフタが閉まらんようになった。
現役稼働中。


NEC PC-9801 NX/C (1996-2000 年頃)
初のノートパソコン。電池はフル充電で 5 秒間。でも Windows 3.1 がサクサク動く高性能なやつ。
実は 3 台を分解して、筐体、基板と液晶、電池を 1 個にまとめて作った PC。
Turbo C でプログラミングしたりマインスイーパで遊んだりしてた。
なかなか気に入っていたのだが HDD が壊れて廃棄。


自作機 (第 1 期: 1999-2003 年、第 2 期: 2003-2006 年)
当時流行っていた自作 PC を作製。AMD K6-2 400 MHz を載せたミドルタワー。PC-98 と NEC にさようなら。
何でも 自分でどうにかしていた、パソコンをいじるに当たって一番楽しかった時代。
2003 年にマザボ周りだけ換えてリフレッシュ。
が、次第にいじる時間もなくなり使い回していたパーツも徐々に動かなくなり、気楽な Mac mini へ移行開始。
その後マザボ由来の致命的な故障で復帰できず廃棄。


Fujitsu FMV-BIBLO LOOX 5T/53 (2000-2004 年)
初のメーカー品を新品で購入。
高専と大学の卒論に活躍。国内学会、メキシコ出張にも重宝した。
仕事の道具としても活躍したが、DVD 鑑賞や MP3 プレーヤとしても良く使った。
LOOX の最大のエベントはあの不安定きわまりない Windows Me をどうにかすることである・・・Windows 2000 に換えることで安定性と軽さを両立させた。
今は実家でサーバか何かになっているらしい。現役稼働中。


Panasonic Let's note R3 (2004 年-)
もう使いまくり。
安定感抜群。最近バッテリが弱ってきたので買い替えるかどうか。(もちろん本体ではなくバッテリを)
少し古いだけで実用性は十分なのでまだまだ使う。
SSD 搭載ノートに手が届くようになる頃にはきっとやれてきて・・・2010 年位には買い替えできそう?


Mac mini M9687J/B (2005 年-)
Intel プロセッサの Mac だけになってしまうと言う噂を聞いたので記念に最後の G4 Mac として購入。
小さくて静かで安定していて文句なし。楽な PC ですな。
「デスクトップPCは消耗品なので 3 年で買い替え、前のは捨てる」という時代に入っていると僕は考えているので、来年 12 月には新しいモデルを買うが、記念品なのでとりあえず残す予定。







広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。