2007年11月14日

ぱーそーこーんー

自分のパーソナルコンピュータの使用歴を思い出してみる。
ほとんどの時期で複数台所有してた。


NEC PC-9801 VX (1991-1997 年)
初 PC。家族共用。とは言っても父と自分しか使わないが。
ランチャーが無いと全然使えなかった初心者な時代じゃったのう。
ディレクトリがどこか分からなくなって再起動とかしてた。
SimCity とか中心に遊んでた。


NEC PC-9821 Cx (1993 年-)
1993 年に父が購入。
1996 年に父が Cx13 を追加購入したのでお下がりが自分の物になる。
「真っ当にパソコンの使い方を覚えよう」と思って 98 ランチを速攻削除、MS-DOS --> Windows 3.1 --> Windows 95 と一月毎にアップグレードしながら勉強したモデル。
パソコンのイロハを覚えて、Windows アプリケーションをゴリゴリ開発して web に公開してたのもこのマシン。(1997 年頃)
2004 年位に CD ドライブを喚装。音楽を聴けるようになったがフタが閉まらんようになった。
現役稼働中。


NEC PC-9801 NX/C (1996-2000 年頃)
初のノートパソコン。電池はフル充電で 5 秒間。でも Windows 3.1 がサクサク動く高性能なやつ。
実は 3 台を分解して、筐体、基板と液晶、電池を 1 個にまとめて作った PC。
Turbo C でプログラミングしたりマインスイーパで遊んだりしてた。
なかなか気に入っていたのだが HDD が壊れて廃棄。


自作機 (第 1 期: 1999-2003 年、第 2 期: 2003-2006 年)
当時流行っていた自作 PC を作製。AMD K6-2 400 MHz を載せたミドルタワー。PC-98 と NEC にさようなら。
何でも 自分でどうにかしていた、パソコンをいじるに当たって一番楽しかった時代。
2003 年にマザボ周りだけ換えてリフレッシュ。
が、次第にいじる時間もなくなり使い回していたパーツも徐々に動かなくなり、気楽な Mac mini へ移行開始。
その後マザボ由来の致命的な故障で復帰できず廃棄。


Fujitsu FMV-BIBLO LOOX 5T/53 (2000-2004 年)
初のメーカー品を新品で購入。
高専と大学の卒論に活躍。国内学会、メキシコ出張にも重宝した。
仕事の道具としても活躍したが、DVD 鑑賞や MP3 プレーヤとしても良く使った。
LOOX の最大のエベントはあの不安定きわまりない Windows Me をどうにかすることである・・・Windows 2000 に換えることで安定性と軽さを両立させた。
今は実家でサーバか何かになっているらしい。現役稼働中。


Panasonic Let's note R3 (2004 年-)
もう使いまくり。
安定感抜群。最近バッテリが弱ってきたので買い替えるかどうか。(もちろん本体ではなくバッテリを)
少し古いだけで実用性は十分なのでまだまだ使う。
SSD 搭載ノートに手が届くようになる頃にはきっとやれてきて・・・2010 年位には買い替えできそう?


Mac mini M9687J/B (2005 年-)
Intel プロセッサの Mac だけになってしまうと言う噂を聞いたので記念に最後の G4 Mac として購入。
小さくて静かで安定していて文句なし。楽な PC ですな。
「デスクトップPCは消耗品なので 3 年で買い替え、前のは捨てる」という時代に入っていると僕は考えているので、来年 12 月には新しいモデルを買うが、記念品なのでとりあえず残す予定。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。