2006年05月06日

Manhattan へ行く

そろそろ生活も軌道に乗ってきた。
少し余裕が出来たので観光に行ってきた。
目指すは New York の中心地、Manhattan である。
(純粋に観光だけじゃないけど・・・かなり趣味が入っている)



5:50AM に起床、朝食を取る。
なぜそんな時間かといえば、日没後に車に乗りたくなかったから。
山道はホントに街灯も何も無いし何があるか分からない。そんな状況で初めての道を通るのは極めて危険。
なるべく早く行って早く帰ってこようという魂胆。

用意したガイドブック、地図は以下の通り。
2006 年版 ニューヨーク便利帳 (山と渓谷社、2,400 円)
The New York Mapguide (A Michael Graham Publications, $9.00)
Westchester County; Pocket Atras (Hagstrom Map Company, Inc., $9.95)
Harlem Line 時刻表 (MTA Merto-North Railroad, Free, 駅でもらったもの)
6;45AM 家を出て車で駅に向かう。
住んでいる町には鉄道駅が無いので最寄の Mount Kisco Station へ。
途中道に激しく迷う・・・いつの間にやら全然違う方向に向かって行ってパークウェイ (Taconic State Pkwy.) の近くまで来てしまう・・・結局着いたのが電車の出る 2 分前。(後にその理由が判明したが)
7:34AM、ダッシュで乗車券を買い電車に乗り込んだ・・・。
MTA Merto-North Railroad の Harlrm Line で南下するのだが、White Plains を超える辺りから都会になってきて、Bronx を経て川をひとつ越えると Manhattann に入る。
予定通り 8:34AM に Grand Central Terminal 着。



とりあえず地下鉄乗り場へ向かう。
乗車券は $7.00 で 1 日乗り放題の MetroCard を券売機で購入。
初め 20 ドル札を使ったらエラーが出た・・・。これはお釣りが $6 までしか出ない仕様だかららしい。その意図は未だ謎である。
また、10 ドル札で買ったところ、お釣りがコインで出てきた。初めて 1 ドル硬貨を入手♪



初めに地下鉄で南へ、Ground zero へ向かう。
2001 年 9 月 11 日からもう 4 年半も経っていて流石に廃墟というわけではなく復旧工事が進んでいる。
周辺には WTC 事件一連を記録し伝えようというパネルが多数展示してある。

いや、本当に起こったことでどれくらいの出来事だったのかをこの目で確かめてみたかったのだ。
あの時テレビのライブを見たけれども、多分夢と思って寝てしまった私。常識で考えれば普通起こりえないシチュエーションだからな。
飛行機がビルに突っ込んで崩れたなんて信じられても納得がなかなかいかなかったのですよ。
実際に見て、ここで多くの人が亡くなったこと、ようやく合点がいったような気がしましたな。
その後のアメリカの取った行動が妥当かどうかはまだ検討すべきであるし、歴史がそれを評価するまでに時間はかかるかと思うが。





という訳で観光終了 (10:20AM)。
その後は趣味へひたすら走る・・・。



さて、こっちに来てから僕は練習用にユーホが欲しかった。Yamaha 201 とか Jupiter を中古で安く手に入れようと考えていた。
(もしお金があったなら、日本国外でしか売っていないラッカーの Yamaha YEP-642 でも買って持ち帰るのもいいなと思っていた。銀メッキの YEP-642S はちゃきのを吹かせてもらったことがあるので、良い素性の楽器である事は確認済み♪)

あらかじめ "music instruments shop new york" で検索して調べておいた Canal Street にある Music and Gifts という店に意気込んで向かう。
・・・。
が、何か雰囲気が違う。
China Town なんですけど・・・。
"優の良品" って何ですか (ぇ



China Town は・・・何というか怪しい北京の市場のような雰囲気が。
そして見つけた Music and Gifts というお店は・・・ただの土産物屋だった。
げっそり。
楽器は pending となる。



その後地下鉄で再び Grand Central へ戻る。
42nd Street Times Square まで散歩がてら歩いた。



目指すは吉野家の牛丼である。昼食はそこに決めていたので途中にあるカフェやファーストフードを我慢して素通り。
程無くして Yoshinoya restaurant を発見。



Beef bowl キター

店内は半数以上がアジア系、というか日本人。2 週間ぶりに日本人を見ました。
さて、日本では食べれないアメリカ牛を使った吉野家の牛丼 !
おいしく頂きました。

最近自炊をしていて、安いので殆どアメリカ牛を食べてますが、本当にウマイ、そして安全。
早よ輸入解禁して欲しいものだ・・・。



吉野家を出る時点で 12:30PM ほど。Times Suare 周辺を散策。



警察のスクーターは Piaggio Libarty ですな。
Times Square 周辺は Police が沢山いて結構安心して歩けますよ。



途中、書店に寄って吹奏楽 CD を物色。
WW2 関連の歴史本と車関係が欲しかったけど気に入ったものが無かったのでパス。
CD コーナーへ行く。なかなかの品揃えだ。
ただ、クラシックだけで区分がされていて吹奏楽コーナーがない・・・。
カナディアン・ブラス、エンパイア・ブラスは沢山置いてあったけど、日本でも手に入るので却下。
なんとか根性で捜し出して以下のものを購入。
Trittico, Dallas Wind Symphony cond. by F. Fennell (Reference Recordings RR-52CD, 1993), $17.99
Holst / Hendel / Bach, The Cleveland Symphonic Winds cond. by F. Fennell (Telarc CD-80038, 1978), $17.99
両方ともフェネル指揮ですね。
せっかくここまで来て買ったのだし、日本ではそんなに手に入らないものだったらいいなぁ・・・。

その本屋では MANGA も発見。
ドラゴンボールなど有名どころの少年漫画の他に・・・
のだめカンタービレ
あずまんが大王
ああっ女神さまっ
最終兵器彼女 (アメリカでは題名が "Saikano" になってます)
ちょびっツ (CLAMP 作品はかなり高確率で英語化されてる、ような気がした)
も発見。アメリカ人の感性と本当にマッチするのか ? という気がしする漫画も若干あり。(特にあずまんが大王)
ちなみに漫画は買わなかったが、「ぎゃぼ」「むきゃー」がどう訳されているのか確かめるためにも "のだめ" は買っておくべきと後で思った・・・。
ぎゃぼーん。

そして「CD, DVD の品揃えは最高」とガイドブックに書いてあった 46th Street の HMV へ向かう。
が、HMV は潰れ非常にメルヘンちっくな巨大おもちゃ屋になっていた。
げっそり再び。



そして三度 Grand Central へ。
予定していた CD 漁りが思いのほか不調なので、ガイドに書いてあった Academy Records & CDs に向かう。
14th Street Union Square から 17th Street へ向かう。

途中 Union Square で犬の放し飼いスペースを発見。



わんこが元気に走り回っていてとても可愛かった。
凄く楽しそう。いいなぁ。
非常に満足する。

程なくして Academy Records & CDs に着いたが、ここは凄い !
クラシックの量はかなり多い !
普通のオケファンならこのお店は宝の山ですっ !
名古屋、東京には多分無いレベル。金沢にあった「Classic Yamachiku」の半分から 2/3 位の在庫がある。
(裏を返せば「Classic Yamachiku」の品揃えは異常なレベルだったということだが・・・)
ただし、オケ中心。吹奏楽、ブラスのジャンル区分は無しである。相変わらず探しにくいし少ない。

Academy Records & CDs では以下のものを購入した。
The Graham Ashton Brass Ensemble, The Graham Ashton Brass Ensemble (Signum Records SIGCD 504, 2003), $2.99, Used
Horn Obsession, Horn: Zbigniew Zuk, Wroclaw Chamber Orchestra (ZUK Records 071088, 1994), $6.99
Munchaner Flotenensemble: Vom Piccolo zur Kontrabassflote, Munchaner Flotenensemble (Oehms Classics OC-529, 2005), $4.99, Used
柄に無くフルートアンサンブルの CD も買ってしまったが、バスフルートよりも大きいフルート (水道管 ! じゃなくてコントラバス !) がジャケットに写っていた珍しさに惹かれて購入。
フルートの皆様に良い土産になる (?) かもしれない。



その後 Union Square 駅に戻ると通路から音楽が・・・。



サクソフォンのデュオ !
しかもバリトンとバスやし !

バスサキソフォンはいつだったか演奏会で一度だけ聞いたことがある。
しかし、こんな間近でダイレクトに音を聴くのは初めて。
ものすごく楽しかったし、カッコいい、アレンジも良い。
しかもサウンドエフェクトのために、僕が今まで見たこのの無い吹き方 (マウスピースを吸う ? 結局何かは分からず) で音を出したり、わざとタンポの音をポコポコ鳴らしたり芸が細かい・・・。(タンポの大きいバスサクソフォンだからこそ出来る芸当か ?)
バスサキソフォンはドラムが歌っているような感じの音である。
地下鉄構内の狭い中で音が反響して体にまで響いてくる。
せっかく聴けたのにバンド名とか聞かなかったので後悔した・・・。

とりあえず、木低最高。



最後に Empire State Building に向かう。



でか。
こんなのが 1931 年に出来ていたとは信じられない。
素晴らしいの一言に尽きる。
国力の強さ、仕上げの丁寧さ、手堅い設計を感じます。
やっぱりこんな国と戦争したら負けると思いました。

その後、ボーっとしながら展望台 (と思われた) 列に並ぶ。
そこでちょっと楽しい出来事発生。
テレビでよく見るあの人が並んでいる !!

スパイダーマン (偽者) だっ。

近くで見ると蜘蛛の巣のスジが油性マジックで描いてあるのバレバレなんですが・・・(ぉぃ






・・・。
程なくしてスパイダーマンは強面のガードマンと警察の方数名に連れて行かれました。



周りの観光客に白い目で見られ、問い詰められてしょんぼり気味のスパイダーマン・・・。
その後彼がどうなったかは分かりません。
合掌。

その後、並んでいる間にパンフを読んでいるとどうやら展望台の列ではないことが判明。
ニューヨークの景色を紹介するアトラクション (NY SKYRIDE) らしい。
また並びなおすのも嫌だったのでそのまま去る。
まぁ、今回はしょんぼり気味のスパイダーマンが見れたので良しとしよう (ぇ



4:00PM 頃に四度目の Grand Central へ。
近くの Wendy's で腹ごしらえをしてから駅構内をぶらぶらする。
地下の Japanese deli で寿司を見ていたところ "Kirin Ichiban" を発見し 2 本購入。
Japanese Beer を手に入れ (カリフォルニア製だったけど) 上機嫌で Mount Kisco へ戻った。
電車の中では爆酔。

その後、駅からアパートへは注意深く地図を見ながら想定したルートを辿る。
そして地図が間違っていることに気付いた・・・。
今朝道を間違ったのはまさにこのせいでした。
げっそり。



アパートには6:15PM に到着。
まだ周っていないところがあるのでぼちぼち見て周ります。
New York にこだわらず近所でも良い所を見つけたいです。
posted by yopsuke at 00:00| Comment(5) | TrackBack(1) | アメリカ滞在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いきなりアメリカ生活ですか。。。
NYCにまたいく機会があればぜひFord Escape Hybridの
イエローキャブを探してみてください。
AISIN AW製のハイブリッドユニットがフロントノーズに
収まっています。
普通に動いてくれます。
Posted by タンタン at 2006年05月10日 23:32
Ford Escape は見たよ。
次回写真とってきますわ。

ハイブリッドといえばやはりトヨタで、最近はカムリ・ハイブリッドとLexus GSの宣伝よくやってるよ。
Ford Escape は小さい車のせいか話題にならんなぁ。
Posted by yopsuke at 2006年05月11日 23:30
カムリは車も営業活動もいい感じに進んでるようです。
さすがトヨタ。当面日本で売らないのは生産が追いつかない
からかも。
GSはロケットスタートが自慢だけど、信頼性はまだまだ
未熟かなぁ。LSのための踏み台とういう位置づけかと。
(LSこけるわけにいかんし。)
Escapeはちょうど初代プリウスマイチェン後くらいの
技術レベルなので、営業的に不利。
がんばって2代目プリウスに追いつこうと努力中。

ハイブリッドはどうも日本対欧米連合の争いになるようで、
2008年ごろから本格的にガチンコバトル開始です。

ハイブリッド戦争の渦中にいると、T社の築き上げたノウハウと関係各社との協力体制に追いつくのは正直つらいだろう
なぁ。
欧米連合が足の引っぱり合いをしなければいいけど。
(リコール処理とか倒産の危機とか。)
Posted by タンタン at 2006年05月12日 23:18
カムリは車も営業活動もいい感じに進んでるようです。
さすがトヨタ。当面日本で売らないのは生産が追いつかない
からかも。
GSはロケットスタートが自慢だけど、信頼性はまだまだ
未熟かなぁ。LSのための踏み台とういう位置づけかと。
(LSこけるわけにいかんし。)
Escapeはちょうど初代プリウスマイチェン後くらいの
技術レベルなので、営業的に不利。
がんばって2代目プリウスに追いつこうと努力中。

ハイブリッドはどうも日本対欧米連合の争いになるようで、
2008年ごろから本格的にガチンコバトル開始です。

ハイブリッド戦争の渦中にいると、他社がT社のノウハウと関係各社との協力体制に追いつくのはいつのことやら。
欧米連合が足の引っぱり合いをしなければいいけど。
(リコール処理とか倒産の危機とか。)

アメリカにいるんだったらエタノール混合ガソリン
試してみたら?E10(10%)とかE5(5%)とか
混合比に種類があるので比較すると楽しいかも。
バイオエタノール、バイオディーゼルブームが今年から
来年にかけておこる予感。
Posted by タンタン at 2006年05月12日 23:23
カムリ HB が日本で売られないのは本場のアメリカで強力にセールスをプッシュするためでしょうな。
代わりにこっちには Lexus GS のハイブリッドまだ来てないし。

> リコール処理とか倒産の危機とか。
ありうるねぇ。
とりあえず欧州には素敵なブランドがいっぱいあるのでそういう危機にはなって欲しくないです。
イタリアはどうなんだ? リコール大量発生しそうな予感。

エタノール混合ガソリンについては調べてみるわ。
田舎だしそんなの無いかもしれないので期待はせんといて。
クルマが無くなったら通勤も買い物もできなくなるから危ない橋はなるべく渡りたくないので・・・。
何かと規制の厳しいカリフォルニア州限定の予感も?
NY 市内ならあるのかな。
Posted by yopsuke at 2006年05月22日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Beethoven:Piano Sonatas / Rubinstein Co
Excerpt: 落ち着いた演奏という印象を持った。それはおそらく、美しく聴かせようとする心がそうさせているではないかと思う。技術をひけらかそうとか、派手な演奏で目立とうとか、そんな心は全く感じられない、感じのいい演奏..
Weblog: クラシックがいいと思う
Tracked: 2008-02-27 23:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。