2009年02月22日

Let's note R3 を修理出した

最近 Let's note R3 の液晶ディスプレイのヒンジ内の配線が壊れかけで画面の表示がおかしい・・・ということで修理へ持って行った。
2004 年に購入したときに 5 年間の無料修理保証に入っていることを思い出し、そこに持ち込んだ。ただし購入店舗はすでに閉店しており、最寄りの系列店舗は一宮市。高速で 1 時間は近くはないがなんとも微妙。
当然メーカーに送る修理になるので仕上がりは 2-3 週間とのこと。しばらく "まともな Windows 機" がない、Mac, PC-98 と Windows Mobile のみの生活に。
(支離滅裂な組み合わせだな。)


ってことで "今となってはまともじゃない Windows 機" の NEC PC-9821 Cx がメイン機ですよ!! (何
486DX4 100 MHz の超高速 CPU、55 MB に大幅増強されたメモリ、512 MB の大容量 HDD、OS は Windows 95。
素晴らしい。
Windows 95 の簡素な画面とサクサク感の感動冷めやらぬうちに早々と Windows を立ち下げ MS-DOS で再起動、DOS ゲーを堪能。
ひさびさにパソコン触っていて楽しかった。
パソコンが楽しかったのはやっぱ 2001 年位までだった気がする。
懐かしい。


さらに Mac mini で使っている PFU HHKB Lite2 for Mac を分解掃除。
最近カーソルキーの反応がいまいちになっていたのだ。
埃と髪の毛の他に、キーの隙間にチョコレートが発見された。
そりゃぁ反応悪いはずやろ・・・。


と、Windows 機がなくても結構やって行けるし、案外楽しいものだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。