2006年09月26日

お金のサイズは何となく決まっている (らしい)

アメリカに居た時、偶然お釣りで 10 セント銀貨をもらった。
テレビでは古い 1 ドル銀貨の通販をやっており、中々格好良かったので骨董屋で銀貨をいろいろ購入して来た。
今更ながら、これらを比べていると、何となくコインの大きさは決まっていることに気がついた。


手元にあるものと比べてみよう。
1964 年銘 10 セント銀貨の直径 = 明治 44 年銘 10 銭銀貨の直径
1947 年銘 1 セント銅貨の直径 = 昭和 22 年銘 50 銭黄銅貨の直径
1980 年銘 1 ドル白銅貨の直径 = 昭和 57 年銘 500 円白銅貨の直径

さらに調べてみると、
19 世紀末頃 1 ドル銀貨の直径 = 明治中期 1 円銀貨の直径
19 世紀末頃 50 セント銀貨の直径 = 明治中期 50 銭銀貨の直径

(注: 基本的にアメリカの貨幣はデザイン・材質は変更あるものの、1 ドル以外の貨幣の直径は 200 年ほど変わっていない)


これを見ていると、明治初期に 1 ドル = 1 円の (ほぼ) 銀本位制の貿易が始まりそれがだんだん崩れていく様、戦後にはアメリカの影響を暗黙の了解的に受けていたりする様が見れて興味深い。


ちなみに、現在発行されている 1 ドル銅貨の直径も新 500 円と同じである。自動販売機に 1 ドル銅貨を入れてみたが 500 円と誤認することは無かった。あの変造 500 ウォン事件以来、対策がしっかりされているようだ。
posted by yopsuke at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜の出来事

帰省しました。
今回は相方を連れて高岡へ。
山崎まさよしの主演映画「8 月のクリスマス」のロケ地巡りです。
とはいってもそこら辺はごくごく近所なので子供時代に関連した箇所も通りつつ。


o JR 高岡駅
とりあえずコインロッカーに荷物を預けて徒歩で街へ繰り出す。
今日は徒歩だけで何とかなるはずだ。

o 御車山 (みくるまやま) の蔵
場面: 倉の前の道でまさやんと関めぐみがヴェスパに乗って走っていく場面
御車山は伝統的な高岡の山車です。
なんだか地元気分いっぱいだったので喜ぶ相方と雲泥のテンションの差が・・・。
写真を撮りました。

o 関野神社
蔵の近くに神社があるのでそこへ。
適当に参る。というか何年ぶりだろう。6, 7 年は来ていないのではなかろうか。

o 宮田のたい焼き
関野神社の近く、高の宮といえば宮田である。
父とチャリンコで買いに来たりとかしたなぁ。
てなわけで相方お待ちかねのスイーツ (?) 第一弾はたい焼き。
ありがちな何枚も一度に焼く鉄板ではなく、1 匹ずつ手焼きなのが宮田のええとこなのです。
あんこの甘さ、衣のカリカリ具合といい、最高の出来。
んまー。

o 高岡保育園
通ってました。
大正時代に出来た高岡で一番古い保育園です。
相変わらずでしたw
子供のとき大きいと思っていたグラウンドが家の庭かと思うほど小さく感じます。

o 博労小学校
場面: 先生役の関めぐみが勤めている小学校。体育館や教室が映画に出てくる。
前にも書いたけど母校です。
建物の雰囲気を相方と見て回る。
最近はセキュリティが厳しいのでさすがに建物内には入れませんな。
敷地内を歩いて、グラウンドを横切りました。
相方はグランドの広さと相撲場、スキー山にびっくりしていました。
相撲場は珍しい?

o 鈴木写真スタジオ (金屋町)
場面: まさやんのお店。主舞台。
僕は 2 回目なのでそうでもないのだけれど、相方とビデオを見て展示物を鑑賞しました。
あとは写真を撮ったりとか。

o 大野屋
和菓子を食べました。
とこなつと栗まんじゅう。
スイーツ第 2 弾。

o 山町筋
土蔵作りの町並み観察。
屋根の上に銅のシャチホコがあってびっくり。
名古屋のまねなのか? どちらが先なのだろう・・・。
ちなみにもうちょっと行くと親戚の家なのでニアミス寸前でした。

o 富山銀行高岡支店
明治時代くらいの赤レンガ造りの大きな建物です。
休業日なので中には入れず。

o 普通のスーパー
「かまぼこは板の上に乗っている」「スーパーにドジョウは売っていない」と言う相方の認識を覆してやりました。
かまぼこはぐるぐるした赤いのと昆布の。ドジョウは蒲焼きか生きたヤツが売っていますよ。
そういえば西高校の前の蒲焼き屋に行きたいのう。
このスーパーではペットボトルのお茶と、nyusuke さんへのお土産に「ハローキティ イチゴミルクプリン」を買いました。

o 高岡大仏
日本 3 大仏の一つを参ってきました。
図書館に行くときに良く通ったものだけれど、じっくり眺めるのは久々です。
まさやんもロケの間に見に来たらしい。
高岡らしいですなぁ。うむ。
お賽銭は市民割引が適応できるので (?) わずかで済ませた。

o 電車通り
バンフに出ている電車通りの写真が撮られた歩道橋へ。
それっぽい感じを味わってきました。
よく見ると北陸銀行とか分かるんだよね・・・。

o 古城公園
映画には一瞬しか出てきませんが、個人的に行きたかったので。
射水神社、本丸広場、滝、動物園を見てきました。
旧図書館が建物ごと無くなっていてびっくり。
高岡動物園はやはり最高。コンパクトさと種類の多さが良いです。
いくつになっても楽しめるw
フラミンゴが卵を温めていました。

o まじま
スイーツ第3弾。
高岡高校と工芸高校の生徒なら絶対分かる「8 段ソフトクリーム」を食べてきました。130 円。
でか。

o JR高岡駅
終了。
相方は路面電車に乗ってでホテルへ。
私は実家へ。



寂れてヤバい街ですがなんとかまわれたなぁと言う感じです。
でも街の至る所にある廃屋と歯抜けの空き地を見ているともうだめですね。どんどん萎縮していて、寂れた部分の後始末も出来ない有様。
ただ多くの人が暮らしているだけで街の良さとかつながりってのはここ 10 年で急激に無くなったと思います。
posted by yopsuke at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧 mixi 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

帰省してますよ

実家にいます。
今日の夜は U 氏らと食事に行ってきました。
まーよう喋ったわということです。
合コンを企画しないといけないようですw


病院 (介護施設だけど) にいる婆ちゃんに会ってきました。
体は細くなってますが元気そうでした。
アルツハイマーは後退しているようで、記憶と論理立てが戻っている。
爺ちゃんと口論して言い負かすあたり、なかなか調子が戻っていると見た。


久々に実家の車に乗りました。
スプリンターカリブ、欧州向けの丸目ヘッドライト仕様、5 速マニュアル。
これに乗って高専行ってたのを思い出しました。
やっぱマニュアルは面白い上に乗りやすいですのう。
車買うならスイフト、SX4 (WRCベース仕様)、207、307 辺りじゃ。
本当はジムニーもいいのだが。


実家にワンセグ携帯があったので使ってみる。
KNB のデータ放送を堪能。
いいなぁ。
posted by yopsuke at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧 mixi 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

OpenOffice.org を実用する

昨日の研究報告会は初めて OpenOffice.org を使った。
プレゼンテーションは Impress、報告書は Writer である。
OpenOffice.org も進化しているようだし、実用できるか試してみよう。また最新版 Microsoft Office を買うお金も、買う気もないので何らか対策をした方が良いかなと考えたのである。


OpenOffice.org Impress
助手曰く、まだ機能が少ないとのことだが、僕は派手なアニメーションや凝ったことはしないので全く問題なかった。
プレゼン自体も不自然なところも無く終わり・・・だが PowerPoint ではないことにも全く気付かれず終了 orz
それだけ完成度高いということか。

OpenOffice.org Writer
全く問題なし。
標準で書き出すとちょっと欧米っぽい雰囲気に仕上がる。
行間やフィールド範囲がそんな感じ。僕は結構好きなんですが。
やっぱり Word 文書でないことには気付かれてなさそうだ。


実用性はありそうなので、これからの方向性としては、自分で使うファイルは OpenOffice.org 中心に、他人とやり取りする文書 (論文のやり取り等) は Microsoft Office 系を併用しながらやれば良いのかなと。

2006年09月21日

何をすれば良いのか

自民党の総裁選が終わり安倍氏が総裁に選出されたが、ここ一連のマスコミの動向には考えさせられるものが会った。
今回あまりにも「安倍氏優勢」とのマスコミからの一方的な報道が強すぎたのではないか? 本当に優勢であり、支持がなされていたのだろうか?
「安倍氏優勢」報道が何度もなされることによって民衆自体も感化されてしまっていたのではないか。マスコミで取り上げられた一般の意見、民意に意味があるのか。
わざと一歩引いて報道を距離を置いて客観的に成り行きを観察していた今回、特に疑問に感じる。


1 -民意は伝わらないかも知れない-

マスコミは民衆の思想に洗脳のように多大な影響を与える。これは前世紀の早い時期にナチス・ドイツによって証明されていることであるが、それより数十年未だこの危険性を知りながら避けられないでいると思う。
これをなるべく多くの人が自覚して、アンチテーゼを表明して行くことが重要なのだが、これがどのくらいの影響や意味を持つことができるのだろう?

今は web を通して個人の考えを表明して社会に知らしめることが容易だ。
「インターネットが普及して自宅に居ながらにして個人個人の情報発信ができるようになりました。マスコミに対する双方向的な情報発信ができるようになりました。マスコミが一方的に影響を民衆に与えることが解消されて行くでしょう。」というのがここ十年間の流れの模範解答なのだろうが、これは本当なのか?
当たり前のことなのだが、個人で考えが異なるのだから、個人の情報発信の一つ一つが合わさっても民衆の意見になりにくい。(主張のベクトルが異なる)
また、その意見もバックグラウンドの無い、浅い考えの意見であることが大いにあるし、他人の主張の焼き直しということも多々ある。その他人の主張がマスコミの論調であれば本当に個人の考えかどうかも疑問だ。玉と石が混ざり合ったこれらをどう一般化して民意と取ることができるだろう。

また、一個人の情報発信がどこまで伝わるのだろうか?
小さな blog で意見が出されたとしても口コミで伝わるには時間がかかりすぎる。
一般に認知されるには、「最近こういうのが一部で注目されているらしい」というマスコミ報道、大規模掲示板や SNS での書き込みが引き金にならないと難しいだろう。
マスメディアに取捨選択される個人の情報発信に意義があるのか。

何をすれば良いのか。


2 -マスメディアに取捨選択される個人の情報発信-

「マスメディアに取捨選択される個人の情報発信」の危険性を指摘したいと思う。
多くの人が web で情報発信しようとも、大きく伝わるためにはマスメディアの媒介や取捨選択が必要だと思う。
一番危険なのはそこでフィルターがかかってしまうことだ。
一個人の意見は内容がどうであれ「マスコミに感化されていない民意」のような印象を強く持つ。
マスコミが報道したいと考えている内容の方向性があるとして、これに沿うような一個人の意見をピックアップすればいかにも民意を汲んだ公平な報道に見せかけることができてしまうだろう。
ここでそれを真に受けて、個人の意見を web で情報発信する、それをマスコミが取り上げる・・・その正帰還に入ってしまえばどんな真面目な blog も SNS も意味が無い。
もし、万が一それが何かを意図する誰かや国家権力や金権で行われればとんでも無いことになる。
マスコミが一方的に影響を民衆に与えることが解消されて行くでしょう。」「個人の情報発信によってマスコミが一方的に影響を民衆に与えることが解消されて行くでしょう。」というのは多分嘘だと僕は思っている。


3 -「物理的に」動く-

さてどうすれば良いのか。
第一にマスコミ・報道に公平さを求めること、客観的な視点になるべく立つことだろう。
第二に自由な個人意見の発信があっても伝わらない可能性が高い、民意がマスメディアに取捨選択されることがあることの認知をすることだろう。
第三にはあきらめずに情報発信をして行くことだろう。木の根っこにウサギがぶつかって死ぬのを待つようなものだが、そのうち誰かがその情報を取り上げたりしてくれることもあるだろう。またそうでなくとも、その情報を残し、後になって振り返ることで自分の考えの変遷を理解し、より良い情報発信や意見の質を上げることにつながれば個人にとっても良いことだ。

あとは「物理的に」動くことだろう。
9 月 18 日の吉野家牛丼一日限定復活で長蛇の列ができたのは記憶に新しいが、物理的に、目に見える人の数や大きさで「牛丼食ってやるぞ」という気持ちを表すことは何の意図も介入することのできない、一番直接的で分かりやすい民意だったのだと思う。
長蛇の列を作った各人の考えには「興味本位」「吉野家好き」「アメリカ牛肉輸入制限へのアンチテーゼ」といろいろあっただろうが、「牛丼食ってやるぞ」の意思だけは伝わったはずである。

自民党総裁選には党員しか関わることができなかった。
多数の民衆は「物理的に」動けなかった。それがマスコミ主導で報道に流された感じを受けた原因だろう。
行動に出る、というのは情報がどれだけ発達しても必要な要素ではなかろうか。


4 -書を捨てず街に出よ-

テレビを眺める時代は終わっている。かといって web の中で叫び闊歩するだけでも意味が無い。
web での情報発信と収集を重ねて自分の考えを切磋琢磨していくことと、それをふまえて行動に出るバランスが重要なのだろう。
高度情報化によって 1 箇所にいながら何でもできるようにはなからかった! それに応えるようにもっと知恵を働かせ、広範囲で動かなければいけなくなったらしい。
「書 (web) を捨てず街に出よ (行動に出よ)」というのが 21 世紀の民衆のあるべき姿か?
posted by yopsuke at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

飲んでしまった

偶然指揮者 etc に出会ってしまい、なごすい現役の飲み会に行ってしまて神の河と梅酒とチューハイ 2 本を空けてしまった。
ううむ、しまった。
9 時から実験なのに。
とりあえず寝る。


今日は実験中に ipod で riverdance を聴いて感動してしまった。
そして 4br で reyland band の新しいアルバム、brass machine が出たことを知った。
トロンボーンのソロ曲で「俺はバイクに乗ってるぜ !」という曲が収録されているっぽい。
気になる・・・。
posted by yopsuke at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧 mixi 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

なご休、なごすい合宿、研究室旅行ぽいもの

9/2~3 なご休3

入場者 282 人。
まぁ、そんなもんやろと。
演奏会の位置づけで評価は大きく変わると思います。
以下感想をさらっと。

o 祝典のための音楽
吉国さんのドラムですげぇやる気が出ました。
一番いい演奏だったと思います。
いまひとうまい。

o モーンダーレン
そこそこでした(笑
あさことずれた。

o ハイランド
冒頭のアレはなんとか乗り切ったかと。
その後はだれてきたものの、集中力を維持してもらえたので及第だと思います。
わしは 2 楽章でばてました。ごめんね。
3 楽章の終わりは中井さんが相当あおってました。
乗ってしまった僕も悪いんですがね。まぁいいや。

o ぶた
謎。
感想を聞いていないのでどう評価すべきかどうか。
特筆して良くはないってことだと思うが。

o その他
企画した張本人としてはいろいろ反省する部分がありますね。
練習計画や準備進捗など。
これでも結構時間削ってやったものの、ペース配分が良ければもっと楽だったかと。
体壊さなかったのはマル。

2 時間の演奏会で 4 曲、計画よりも長くなったのはなぜ?
事前の時間確認が微妙でした。

音響は Hr と Ep の配置、つまり反響板の使い方がまずかったです。
ステージ面積と打楽器の制約にもっと真剣に考えるべきだったのだな。

o 打ち上げ
幸子さんにからむ時間がありませんでした・・・。無念。
うすいくんとみすずちゃん、マウさんおめでとう。
たのしみだね。


9/9 なごすい合宿

目的は差し入れをいれることと、Ep と THn の基礎練習でした。あとは少し合わせたりとか。
今回はすごく適当に曲を沢山やりすぎたかと、ロングトーンもっとやりたかった。
最後にテナーの基礎練が少しできたのが良かった。アンブシュアが固まって来たのが収穫。
現役生とは顔の割れた面子としか話してない。
あ、相方さまからリサとガスパールのマペットをもらいました。可愛いし楽しい。
でかい手でも入るサイズだ!! ということで遊んだ。

o アンサンブル
金 タイガーウッズ・・・選曲最高。ちくわの使い方がいいねぇ。
銀 ガメネ小学校・・・よくぞやった。もう少し服装がアレだと素晴らしいです。
酸化鉄 ボウリング同好会・・・りかこのへたれっぷりが X です。難曲だったせいもあるけど。

o ユーホ
まちこちゃんはリサとガスパールが嫌いっぽい・・・。
叩かれた。

o 合奏
adaco さん曰く、「モーンダーレン」は「悶ダーレン」になっていると。あの演奏はいただけない。原因は指揮者なんだろうけど、まだ時間があるので、いいところへ持って行くと思います。
「ああっ女神さまっ」は難しそうです。奏者の視点から技術的に難しい一方、聴く方が構成を理解したりきれいなパッセージを楽しむポイントの探りをいれるもの難しい。結局曲構成のメリハリに行くと思うんだけど、噛み砕きしないと聴いてもらえない危険もあり。これ以上の感想はスコア見ないとわかんねぇ。

o その他のらっぱ
Cor., FHn., THn., Ep., Tub. を吹きました。
Hr. を逃しました。
Tb. はバスか無かったようで。やっぱまこちの細管テナーが好きです。


9/10 研究室旅行ぽいもの

前日のレンタカーを引き続き借りて三重へ、途中でまこちと菊音さん家でも寄って鳥羽へ行こうかとも思ったが、前日がアレなのでやめました。

結局原付で適当に行くことに。
フェリーの時間が微妙なので温泉と飲み会だけになった。
僕としてはこれで良いのだが、休日をすべて潰して仕事の面子でいるのはどうもね。

最近ずっとバイクでツーリングというのをやっていなかったので鳥羽まで行ってきました。
70 cc の改造車で行ってきました。

名古屋出る

常滑着くが早すぎた

セントレア

常滑

鳥羽

温泉

宿

特筆すべき面白いことは特になく。宿は飯がまずくて最悪。
あ、バイクのエンジン改造してから走行 1000 km 達成。
あと妹の誕生日だったのでいろいろメールしてました。


9/11 研究室旅行のつづき?

朝起きて北へ。海を見ながらバイクで 10 km くらい散歩。
かえって来て飯、宿を出る。
帰りに天下一品でラーメンを食べて帰宅。
あとは洗濯などをして過ごす。

驚いたのがバイクの燃費で、200 km 走って給油が 2.6 リッターだったこと。
正確に量っていないが、リッター 50 km を余裕で超えているということ。50 cc だった時より燃費が伸びてる?
posted by yopsuke at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧 mixi 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

Peugeot Geopalis

今日ネットで見つけたのが Peugeot Geopalis。
Peugeot らしい歯切れの良いデザインとほどほどなコンパクト具合の 250 cc スクーター。
コンパクトモノでは Aprilia Leonardo が好きだったけどいつの間にやら輸入がされているのやらどうなのやら分からない状況になってるし。
ホイールは 16 インチくらいありそうなので安定性もいいと思う。
タンデムステップが折りたたみ式というのも良い。(個人的な趣味の問題だけど)
欲しい物リストに入れておこう。

日本メーカーにはこの手のヤツは無いですな。
ヤマハはマクザムで「さらに巨大化」という路線で受けているけど、そこでスズキが隙間を狙って昔のアドレス 110 に 250 cc 積んだようなヤツをぱっとだしてくれると嬉しいんだけど。

日本で手に入るコンパクトとなると Vespa GT が最有力だと思うが、自分に Vespa は合わないよな。


最近のお気に入り
Suzuki SX4
Suzuki Swift
Peugeot 207
Peugeot 1007
Fiat Panda 2
Honda Civic Coupe (US)

相変わらず気に入っているもの
Suzuki Jimny
Peugeot 206 SW
Ford Focus
Mazda Demio
Suzuki Goose
Kawasaki Zephyr


最近のスズキの二輪車はダサいのばっかりで鬱じゃのう。
全然乗りたいバイクが無い。

あえて挙げるなら GS50 ・・・。
昔の GS400 をそのまま小さくしたみたいなスタイルがステキ。
テールカウルの跳ね上がりがステキ。
鬼ハン、直管、クリアテールレンズ、キャンディペイントでステキな族車に!

っていかんいかん。
そんな年でもないし。
ビキニカウル、みずいろ/白オールペン、ヨシムラ、ボアアップでプチクーリーレプリカでも作りたいね。
うむ。オトナの選択。
posted by yopsuke at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧 mixi 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。