2005年06月21日

ドラッグストアガール

ドラッグストアガール

実験装置の予約の関係で作業を進められなくなったので、20 時で研究室から引き上げ、GEO で DVD を借り、家に帰って観た。
映画は基本的に「田中麗奈が可愛ければよし」という造り。シナリオが強引、冗長な場面が多い、なのに登場人物の描写が poor だ。

途中で飽きて本を読んでしまった。
そして European Brass Band Championships 2004 の DVD を見ておけばよかったと後悔した・・・。
posted by yopsuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

Besson カタログを読む

B 楽器店にてマウスピース (Denis Wick 2) を注文、ついでに Besson のカタログをもらう。
前に持っていたカタログは 2001 年版。Besson のモデルは去年までに細かいモデルチェンジが行われたので、それを中心にチェックしてみた。

コルネットは廉価版の 700, 600 シリーズの後継として 1000 シリーズ (BE1020) が 2003 年頃から登場。
よく見たら今年からラッカーモデルが出てるでないですか。ついでにピストンのケーシングのデザインも変わった気がする。(グレードアップなのかダウンなのかは不明、ソヴェリンとデザインが違う)
BE1020 は以前試奏したが、あくまでもベーシックモデルという音と操作性。本格的に吹こうという人には長期的に見て満足いかないかもしれない。初めて触れる楽器として、小中学生に基本を身に付けてもらいたいモデルだ。

他には中堅の 700 シリーズがモデルチェンジ。テナー、バリトン、ユーフォニアム、テューバ共にテューニングスライドが洋白に変更。また補強板も改良、増強がされており実質的なグレードアップである。
例えばユーフォニアムの場合、自分の BE765 も BE7065 にモデルチェンジし、全体的にしっかりした造りに変更されているようだ。またマウスピースも Denis Wick 4AL に変更され、グレードアップ。
が、価格は約 25 % も値上がりし、409,500 円から 504,000 円に。これだとあと「少し」の出費だけでコンペンセイティングの Yamaha YEP-642S (572,250 円) が買えてしまうでないですか・・・。
Besson BE7065 はいい楽器に仕上がっている気がするのだが、Value for money 的に顧客にアピールできるのか、ちょっと気になる。試奏しないとなんとも評価できないのだが・・・。
個人的には、全般的に値上がりして手がでにくくなったなぁ。(ユーフォニアムのソヴェリンが 88 万円もしてるでないですか)
(注: ちなみに価格はすべて税込み)
posted by yopsuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

オフロで iPod

iPod に新しい周辺機器を追加。

イデアインターナショナル製 防滴バスラジオ「レピュ」
購入価格: 1,890 円
購入場所: 星が丘テラスの某雑貨店

製品を軽く観察したが、本当に防滴なのかが疑わしかったが 1,890 円なのでよしとしよう。
デザインも可愛いのでよし。

具体的な使用法は iPod に iTrip を取り付け FM で飛ばし、風呂場の中の防滴ラジオで聴くというもの。
念願の「オフロで iPod」を実現しました。
1,890 円の幸せ。
posted by yopsuke at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

なごすい水無月の宴

なごすいの演奏会。現役最後の。
腹筋を痛めていたので少し辛かった。(2 日前に腹筋 50 回やってばてた)

さくっと練習した後舞台へ。
舞台袖では全く緊張はなく S 子とずっと雑談していた。いつものことである・・・。
そして最初の一曲だけ吹いて、何の感慨もなくあっさり最後の舞台は終わった。
今回は G の音程が高かった。一ヶ所だけ Eb の八分音符のフラット落とした。
残りはただ聴いているだけだった。音楽的な評価とかはもうどうでも良くて、こいつらが 4 年後に何をしているのかなぁってことばかり考えていた。
それまでにこいつらがやっておかないといけないことは何か、それをサポートできることで自分ができることは何かを考えていたが、考えがまとまらずに演奏会が終了してしまったが。

その後は OB バンドの仕事と雑用をぷりっとこなし、OB の面々と雑談をした。
chall さんからは演奏会総括の引継ぎを受けたが「詳細は忘却の彼方」とのこと。ぶひー。
今回の最大のニュースは D 輔さんと Y 子が結婚するということ。非常にうれしい。
かつての院生 3 重奏を組んでいたメンバーで独身は自分だけになってしまうのう。

その後は OB (7, 8, 9 期) で飲みへ。
とりとめもないことを延々と話す。楽しい。
しかし、飯と酒がまずかったのが玉に傷であった。

その後、現役打ち上げへ行く。
もう出来上がっていたようで、異様に周囲がハイテンションで引いた。(その割には空き瓶と酒の入ったコップが少なかったぞ)
とりあえず Y 田、タベル、R 平と雑談。
他には Cl. の 1 年生の女の子に囲まれたが、あまりの若さとテンションの高さにまた引いた。適当にあしらっただけで非常に申し訳ない。うむ。
酒は余りのヌルいビールを 4 杯ほど飲みげっそり。つまみは食い尽くされていた。

その後はミスドを経由し、OB (8, 9, 10, 11 期 + 現役若干) で飲みへ。
4 年前のメンバーそのまんまで懐かしかったですのう。これまた非常に楽しかった。
ひだるま氏が頼んだ「サイドカー」というカクテルはボンタン飴の味がした。
私はテキーラのストレートを飲む。ようやくまともな酒が飲めた。うむ、満足。

その後は 3 次会の誘いもあったが、とにかく寝たかったので帰ってしまった。
こうして一日を振り返ってみると・・・ OB と酒を飲んだだけという疑惑が持ち上がりますな・・・。
まぁ、それが現状一番重要なことだったかもしれんが。
posted by yopsuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | Nagosui+Euph. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

携帯あれこれ

携帯用電波の免許方針案を発表 総務省

3G 向けバンド割り当ての方針が決定。
1.7 GHz 帯がイー・アクセスとソフトバンク、NTT ドコモも割り当てられるという。
2.0 GHz 帯は他の新規参入キャリアとのこと。なるほど。

電波は音みたいなもので伝搬媒体が空間だから「バンドが足りねぇよ」という話になるわけで。
ユビキタスが普通になる近い将来には、電波の使用計画というのは出産計画並みに重要になってくると思う。
自分の日常を眺めてみると携帯、無線 LAN はもちろん、旅先では FOMA のダイアルアップ、Edy も使っているし電波を使うことは当然でなんでもないこと。もちろんテレビも。
そんな人が 1 億人いるのに伝搬媒体が空間 1 個だけ、周波数帯や出力でのシェアリングが不可欠だよってことを携帯が何で通じるかも知らないユーザや、当然携帯は通じるものと思っているよい子のお友達に知ってもらいたいですな。

そして、手元にはドコモ東海のパンフ。901iS デビューとな。
901iS の特徴のひとつに 800 MHz 帯に対応していることが挙げられる。
800 MHz 帯は携帯電話で最も周波数が低く、古いバンドである。800 MHz 帯は回折しやすく高い周波数の電波に比べて直進性が低いので、建物の中などでも通じやすいのが特徴だ。
1.7 GHz 帯でものすごくよいサービスがあったとしても電波そのものの特性は変えられない。800 MHz 帯 3G こそ「便利で使える第 3 世代」だろうと思っている。

というわけで 901iS が出た今こそ買い替え時。D901iS が思ったよりデザインがいいのでこれにしてみよう。手持ちの Edy もマージできるし、F2102V から乗り換えるメリットは大きい。
posted by yopsuke at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

話題のファンタジー映画らしい

この間レンタルビデオ屋で見つけた話題のファンタジー映画っぽいもの。
ロード・オブ・ザ・タイム
「少年よ解き放て! 正義のメダルの正しき力!」

指輪でなくてメダルですかい・・・ (*´Д`)ォィォィ
しかも原題が "The Keeper of Time" で全然ロードじゃないし。
しかも邦題の英文が "Road of the Time" である。"Load of the Time" では無いのがミソ。
道である。
posted by yopsuke at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

AT 二論免許はじまる

AT 二論免許が今日から出来たようだ。

スズキ AT 教習車

サイドガードが付いてかっちょ悪いスクーターになっとります。
アドレス V125 教習車ちょっと萌え。

教習時限数もかなり圧縮されているな。料金も下がって取りやすくなることだろう。
特に小型限定の AT は非常に楽に取れるはずなので 125 cc が流行るかもな。原付で無理して速度出して危ないのよりは小型限定でゆったり 60 km/h で運転した方が絶対よろしい。

中部日本自動車学校入校案内

ワシが初めて免許を取ったときは二輪の AT 免許なんて想像さえしなかったものだ。
しかも当時は普通二輪と大型二輪の区分も出来ていなかったのだから。
(当時はあの「限定解除」がまだあった!)
posted by yopsuke at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Moto+Auto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。