2004年12月31日

慢性的メモリ不足なので・・・

Fujitsu FMV-BIBLO LOOX T5/53 について。

2000年12月に購入してから4年が経過、プログラム・OS 共に重くなり大変なことになっている。
まず初めに主なスペックの紹介。
現行スペック (購入当初のスペック) で記述する。
Transmeta Crusoe 533 MHz processor (変更なし)
Windows 2000 Professional SP4 (Windows Me)
128 MB memories (変更なし・ちなみに増設不可能)
10 GB HDD (変更なし)

現在重大な問題を抱えていて、その原因は小さいメモリ容量にある。
「システム情報」で「システムの概要」を見てみる。W2K を起動した状態が以下。
物理メモリの全容量 114,136 KB
物理メモリの空き容量 35,932 KB
仮想メモリの全容量 422,576 KB
仮想メモリの空き容量 188,740 KB
ページ ファイルの容量 308,440 KB

物理メモリが既に7割方使用済みかつ、キャッシュも4割使っている。
んで、エクスプローラと Firefox を立ち上げると、
物理メモリの空き容量 4,448 KB
仮想メモリの空き容量 129,160 KB

となり、物理メモリの空きがほぼ無いうえ、キャッシュは半分使用済み。(;´Д`)
ちょっと Firefox のタブを開いただけで延々と HDD にゴリゴリアクセスして劇的に重くなる。

さらには Norton AntiVirus も「検疫だー」とか言って HDD にゴリゴリし続けている。
プロセッサの Crusoe が DVD の再生などで本気を出すと本体が非常に熱くなるのだが、HDD ゴリゴリの時は冷たいまま。
ということはプロセッサが本領発揮せぬまま、メモリ待ちでボーっとしているわけである。
さらに、旅先などで FOMA でダイアルアップしているもんなら、プロセッサがボーっとして HDD が無駄にゴリゴリやってる間に 64k 通信料がどんどんかさんでいくわけである。
うぇ、最低だ。

ついでに、学会 (特に応用物理学会) では PC プレゼンが標準になりつつあるが、この初代 LOOX には外部ディスプレイ端子が無い。
学会で持っていってもプレゼンできないのだ。


ぼちぼち新しいのを物色しないとなぁ。

続きを読む

2004年12月30日

iPod + iTrip2 をスズキ・アルトで楽しむ

iPod + iTrip2 をスズキ・アルトで使ってみました。
チューナは Sony MDX-C5200 (MD デッキ)、アンテナは標準仕様。

・ノイズ少ない
ライフにくらべて iPod の位置に関わらず雑音が入りにくい。
フロアのボックスでも助手席の上でも問題なし。
車体構造やアンテナの違いが原因だろう。
もしかすると Sony のチューナが優秀なのかもしれんが。

・音量は 80 % で
いろいろ試してみたが、iPod の音量は 80 % が位のほうが良い気がする。
音の割れが少なくなったが、器楽曲は少し不満が残るかも。
pops は椎名林檎様のお声で試したところ、音質もばっちりんご♪

・しかし、車がうるさい
うちのアルトは5速マニュアルである。
僕は「がおー、がおー」とイタリアの小型車的な乗り方をするので加速時はエンジンの音で音楽が聴こえにくい。
定速走行では4速か5速に入れてしまえば静かなものの、タイヤノイズが大きくこれまたうるさい。(スタッドレスタイヤのせいもあるが)
要に、実は車自体が音楽楽しむ環境になかったっちゅーうこと。
posted by yopsuke at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CD をさがしに

実家に帰ったので品揃えの最も良い (良かった) 行きつけのレコード店に行く。
(もちろん、iPod + iTrip2 を使いながら Suzuki Alto に乗って)

高岡市内某楽器店、吹奏楽コーナーに行く。
最近は縮小傾向にあったのだが、とうとう棚1列よりも小さくなった。CD の数およそ10枚。
タイトルを見ると・・・ハイドン、モーツアルト・・・オケですよ、これ。
ピアノ・ヴォーカル・・・何ですかこれは。

吹奏楽 CD コーナー消滅してますな。
鬱だのう。
posted by yopsuke at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

iPod + iTrip2 をホンダ・ライフで楽しむ

lifeipod.JPG

今日は妹のホンダ・ライフに父と僕が乗り込み、3人で実家の方に帰省しました。
んで、早速使いました。iPod と iTrip2 を。

チューナはホンダ純正の CD + MD チューナ。アンテナは標準仕様。
ポイントと気づいた点をいくつか。

・音量は 90 % がベスト
Max にすると音が割れてしまう。90 % 位に設定し、カーラジオで音量を上げたほうが聞いた感じよい。

・周波数は変えよう
デフォルトの周波数でも滅多に被らないと思うが、念のため変えたほうが良いと思う。
僕は 88.8 MHz にしてみました。

・音が歪む
まず一つ目に電波が悪いせいで、時々ノイズが入ったり音が歪む。
これは iTrip2 の出力の問題だろう。良く電波の入る場所を車の中で探さないといけない。
二つ目に過変調で歪む。FM 回路自体の問題ですかなぁ。
フォルティッシモでガザガザ聴こえる。

・S/N と周波数特性やっぱそこそこ
ぶりっとアナログを経由するんで、やっぱり S/N 落ちます。
周波数特性も BPF 通した狭い感じになってしまう。
低出力のコミュニティ FM でかかっている音楽の感じです。
MD で聴いた方が絶対によろしい・・・。

ブラスバンド版のパントマイム (P. Sparke) を聴いたけれどもイマイチ。
フツーの pops なら問題ないのかなぁ。


ま、ラジオの性能も関わる問題なので他の車でも試してみます〜。
posted by yopsuke at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

Mozilla Thunderbird 1.0

Mozilla Thunderbird 1.0 が 24 日に公開になったもののバグが見つかり、今日の 13:30 に fix されリリースされたようです。
日本のもじらっ子のために「日本語版を 24 日に公開して、クリスマスプレゼント !」 という粋な演出を Mozilla Foundation はしたかったのでしょうがね・・・。
いや、でも fix からリリースの短さは素晴らしいと思いました。

んで、早速 14:30 からダウンロード。
んで、やっぱりサーバからの転送が止まりました。(;´Д`)ゲンナリ...
皆さんサーバが止まりそうになるほどダウンロードされてるんですねぇ・・・。
時間はどれだけかかったか分からないけど、実験を終えて夕方に帰ってくると完了していました。

早速、ノート PC (Fujitsu FMV-BIBLO LOOX T5/53, Windows 2000 SP4) の方へインストール。
何の問題なく完了。至って普通です。
0.8 でもいい感じにまとまったプログラムだったのではっきりした違いは分からないけど、なんだか良くなっているのだろう。
Mozilla の方はものすごく頑張っていると分かりつつ、内容は詳しく分からない末端ユーザとしてはそんな印象です。
でも Mozilla Foundation、Mozilla Japan、もじら組の皆様を応援しています。がんばれ〜。

研究室のメインデスクトップ (IBM ThinkCentre S50 ultra small, Pen4 3.2G, Windows XP SP2) には未導入。しばらく 0.8 動かして、1.0 のインストールは来年。

2004年12月27日

Letter

次回投稿予定の Letter の自分で見直し & 校正が完了。
プリントアウト、指導教官に提出。
posted by yopsuke at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

iPod が早速トラブル

iTrip2 とシリコーンジャケットで浮かれているとそれは起こった。
USB で接続中にいきなり Windows が「勝手にハードウェア (HDD として認識されている iPod) を取り出すなよ、こんにゃろめ」とメッセージを出した。
ケーブルが外れたのかと思い調べたが、ケーブルは繋がっている。
何度か取り外し、取り付けを繰り返すが iTunes が iPod を認識しない。
結局、それ以後 iPod を全く認識しなくなってしまった・・・。
しかも充電できてない。

結局は iPod をリセットすることで解決した。
ユーザーマニュアル曰く、「大抵のトラブルはリセットで解決します」とのこと。

メモ ・・・ HOLD スイッチを一度 on/off した後に、MENU と選択ボタン (真ん中の白いボタン) を同時に長押しする。林檎印が液晶に表示されれは完了。再度接続すれば認識する。
posted by yopsuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月25日

iTrip2 とシリコーンジャケットがやってきた

世はクリスマス。お姉さまから iTrip2 とシリコーンジャケットを頂きました。わーい。 (´∀`)/
まずは家でシリコーンジャケット (POWER SUPPORT 製 iPod Silicone Jacket set LJ-11) を開封。
ジムニーファンなので LJ-11 という型番に少し動揺した。(LJ10 ・・・ スズキ・ジムニーの最初期型の型式名)
ホイールと液晶の保護フィルムも付属していた。うむお買い得。

まずは保護シートを貼ろう。
取説曰く、「ゴミや空気が入らないようにお貼り下さい」
あたりまえだろっ、と思い慎重に貼ると・・・ゴミも空気も入りました。
結局、ホイールの保護フィルムしかきれいに貼れず。
これはやはり大学のクリーンルーム (半導体プロセス用に埃を取り除いた部屋) で貼るべきでした。

次にシリコーンジャケットを着せる。
ジャストフィットのぴちぴちサイズであった。

次に iTrip2 (Focal Point Computer 製)。
シリコーンジャケット装着の上に iTrip2 が・・・付いた !
もしかしたら、ぎりぎりでジャケットと干渉して付かないかと思ったが大丈夫であった。うむ。
iTrip2 も認識され、動作している模様。(ラジオを僕は持っていないので実際に動いているかどうかは分からないが、LED がちゃんと点いている)
posted by yopsuke at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

今朝見たメールより

なごすい OB バンドの ML より抜粋。
ちなみに明日は合奏です。
クリスマスなので? かどうかは知りませんが、
ドラゴンの香りがほんのりと漂うような気配がします。

メリーなクリスマスになりますように。

素敵な曲で悶えそうな予感が激しくします・・・。
posted by yopsuke at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Nagosui+Euph. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

Steven Mead の年齢を知った

実験の待ち時間に Band power で CD を物色しておりました。
(論文書けよ、といわれそうですが・・・)

Steven Mead の面白そうな CD を見つけました。
Classic Quintet and Steven Mead, Vol.2

木管とユーフォがアンサンブルで絡んだと。ほほうという感じでプレビューを読んでいたが、びっくりしたのはその後のテキスト。
「1962年イギリス生まれ」
(!) 今、42歳ですよっ。

非常に失礼なのだが、毛髪の具合からもっと年齢が上なんだと思ってました・・・。
Brian L. Bowman 博士の5つくらい下かなぁと。
ぱっと見たところ、Mead の CD のどの解説にも年齢や生年は出ていないし、全く知りませんでした・・・。

しかし、70歳まで楽器を吹くとすればあと30年は聴く機会がある、CD のリリースがあるちゅーことですな。
うむ、良かった。
posted by yopsuke at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Nagosui+Euph. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

Letter ドラフト

最近書いていた Letter のドラフトが一応完成した・・・と思う。
1,500 語だった。ちょい少ないか ?
がむばって恥ずかしくない程度に自分で添削して、そのあとたくさんダメだしをもらおう。:-D
posted by yopsuke at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありがちな誤字脱字

今日は学部4年生の卒研中間発表だった。

プレゼンの誤字脱字が多いですっ ヾ(*`Д´)ノ
最もありがちなのが、
◎ 「FET の作製」 × 「FET の作成」
◎ 「SPM 探針」 × 「SPM 短針」
など。

げんなりー。

続きを読む
posted by yopsuke at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

クッシュマン

先週の日曜日に大須に行った時、実物のクッシュマン・スクーターを初めて見た !!!

・・・と書いてはみたものの、クッシュマンを分かる人はそういないのでまずは解説を。

クッシュマン (Cushman)
1936-1966 に製造を行っていたアメリカの二輪メーカーとその製品の名称。
クッシュマンはじめとしたスクーターは、戦後の GHQ 統制下で米軍が基地内の移動手段して日本に持ち込んだのが最初らしい。
当時は「スクーター」という名称が知られていなく、スクーターそのものが「クッシュマン」と呼ばれていたそうである。(ウォークマンとヘッドホンステレオと同じ関係ですな)
戦後人気を博した富士重工のラビットも三菱のシルバーピジョンも、「米軍が乗っている便利そうな乗り物」のクッシュマンを手本にして作られたという。
スクーターの本家本元というわけだ。


最初期のラビットにそっくりでしたわい。 (ホントはラビットがクッシュマンに似てるんだけど)
エンジンがむき出しでした。
「元祖スクーター」ちゅう感じでしたなぁ・・・。
写真は薄暗かったので撮れず。
posted by yopsuke at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Moto+Auto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OB バンド (04/12/18)

12月18日は OB バンドの合奏と忘年会であった。
適当に記録しておこう。

合奏では宝島とハイランド賛歌の 1~3 楽章すべて。
2 楽章では Alto Sax. が2本、Tenor Sax. が1本あったのでソロをカバー。久々にトリオを聴く。Euph. の拍打ちも久しぶり。
3 楽章ではせーやさんがやっちゃった。冒頭の “どん・どん・ぶりー” の所で Db を間違えて D を吹いてしまった。
のぶりんの Db とモロに当たって、素晴らしい不協和音がした。
最も好きな単音の Db を落としてしまい、相当ショックでかそうだった。

忘年会ではビールばっかり飲んでいたような気がする・・・。
そしてハイエナのように食っていた。
話の中では、次回の OB 演奏会のプラン、練習部屋取りの世代交代の話題が出た。
そろそろ始動しないとなぁという感じである。

2次会は Euph. 関係者が 50% を超えるという異常っぷりを呈した。
市民吹奏楽団の “ウインドファミリーなごや” の Euph. 吹き、F. Horn 吹きの方もご一緒して楽しかったですなぁ。
4:00 AM まで飲んだのは辛かったがね・・・。
posted by yopsuke at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Nagosui+Euph. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月20日

iPod の wireless 化計画

昨日の blog で触れた Sony 製 FM ラジオ内臓ヘッドフォンを Yahoo! Auctions で発見。
Sony SHR-M1、開始価格 13,000 円、希望落札価格 15,000 円であった。
発売当時の価格が 7,200 円だったから、2倍の値がついているわけだ。
プレミアムついとるんだろうか。

Sony のサイトで検索かけたところカタログを発見。
だが、すでに生産中止になっておりいまさら入手できるのやら。
posted by yopsuke at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月19日

iPod にリモコンは不要、必要なのは・・・ ?

iPod にリモコンは必要かどうかというのは基本的な問題のひとつである。
標準ではリモコンは付属しないので、オプションパーツとして購入する必要性がある。
これまで1週間使用した感想としては、リモコンは不要。
iPod 自体非常にシンプルな操作系であり、本体の上下を間違わなければ確実に再生停止・曲の頭だし・音量調整をポケットに入れたままブラインドで操作できるからだ。
液晶が付いているわけでもないのに、ワイヤの途中で「たまには役立つときもあるかもね」という程度の物体があってもわずらわしいだけではないか・・・と感じている。
iPod にリモコンを求めるなら、もっとシンプルかつ小さく、バックライト付きで曲名のみ表示できるものがよい、

では、将来の iPod に必要なのは ?
必要なのは長持ちする電池くらいで、不要部分をもっと削るといいな。
さらにシンプルで便利かつパワフルなプレーヤにするために削るべき贅肉はヘッドフォンのワイヤ。
iPod にトランスミッタを内蔵して、iPod は鞄の中でせっせと曲を再生して電波で飛ばす。人は今のシリコンオーディオより遥かに小さいレシーバとヘッドフォンを頭に載せておけばよい。
レシーバには曲名を表示できればなおよろしい。

iPod 向け周辺機器はいろいろそろっているが、ワイヤレスヘッドフォンのセットってないよなぁ・・・。
とりあえず FMトランスミッタ (iTrip2) + FMラジオで一応構成可能なはずである。
昔、Sony にFMラジオ内臓ヘッドフォンというイカした代物があった。ヘッドフォンをつけてれば、それだけで済むのでこの組み合わせがベストなのだが、今は生産中止になっているようだ。
posted by yopsuke at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

富山市の合併

参照 新・富山市へ合併申請 (北日本新聞)

市町村合併が各地で進んでいますが、地元の富山県では富山市の広域合併が決着したようですな。
富山県では今年の11月に砺波市(となみし)が東礪波郡庄川町(しょうがわまち)と合併、南砺市(なんとし)が西礪波郡・東礪波郡の8町村との合併でできたわけですが、この2件は非常に順調に行った合併といえる。
合併に関したいざこざはほとんど無く、特に郡内で協力関係を創っていた南砺市域は全国一位のスムーズな合併だったそうな。
それに対して富山市は大変だったらしい。特に注目すべきは婦負郡婦中町(ねいぐんふちゅうまち)の動向である。
詳細はこちら (富山広域圏に関する動き・北日本新聞)

婦中町は富山市に隣接した町。特に最近はベッドタウンとして人口増。財政は比較的潤っているといえる。
婦中町のバックグラウンドを以下に示す。
・住民投票で反対多数を占める
・町議会は賛成・反対がまっぷたつ
・町長は賛成派、議長は反対派

動向を以下に示す。
・9月、町議会は合併案を可決
・10月、合併に調印
・次に合併関連議案を議決しなければならないが、町長が議会招集をかけたところ反対派の議長が議会開会を拒否
・議会開会の拒否は1ヶ月間、4回にわたる
・11月15日、議会による議決を断念して合併関連議案を町長が専決処分(要は町長が単独で議案を通しちゃったちゅーこと。平成の大合併で、関連議案を専決処分したのは全国初)

町長が単独で処分してよいものか、これはしょうがないのか、議長の立場にありながら議会を開催させない態度はいかがなものか、町民の意向は反映されたのか、町長・議長のリコールなど様々な要素と問題が複雑に絡み合っている。
今回の合併に関する婦中町の一連の動向は今の日本の議会・政治システムの問題の縮図だったのではないか。
住民・議会に悪いしこりが残らないことを願う。
全く地域のエゴをどう扱うかというのは難しい問題である。



・・・・。
ちなみに地域のエゴにより合併が破綻した例が過去の富山県にある。
何を隠そうワシの地元、高岡市である。

◎ 略歴
隣接し経済的・歴史的に近い関係にあった射水郡新湊町(いみずぐんしんみなとまち)と同郡牧野村(まきのむら)が合併。
その後に戦前の合併で高岡市に新湊町をはじめとした周辺町村が合併する。
しかし、戦後になって公共施設整備に不均衡があるということで旧新湊町が反発、新湊町と牧野村が高岡市から分離独立する。(注: 原因・結果どうあれ、高岡・新湊両方に地域のエゴがあるといえる)
牧野村は高岡市と合併、新湊町は単独で市制を施行し新湊市となる。

この流れで翻弄されたのが高岡市牧野(旧牧野村)。地域的には新湊だが高岡市という状況で50年が経過。
一旦新湊に抜けないと高岡市中心部へ行けない、新湊側は道が広いが高岡市に入ったとたん狭くなる、といった場所も存在する。

続きを読む
posted by yopsuke at 11:24| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フッ酸記念日

昨日の 1:00PM から行っていた一連の作業が終わった。だやい。寝たい。
昨日は他にもいろいろ作業はやっていたが、石英の洗浄と二酸化珪素のエッチングでフッ酸 (HF) を大量に使用した。
同時に廃液も大量に発生したわけだが・・・(鬱

フッ酸を 600 ml は使用しただろう。
フッ酸をはじめて扱ってからもう5年になるが、今日は人生で一番たくさんフッ酸を使った日となった。
作業時は、塩ビの顔面シールド、肘までのテフロングローブ (これがまた非常に作業しにくい)、テフロンビーカ・ピンセットなど特殊装備満載。
これだけやらんと安心して作業できんし。

ともあれ、事故も無く実験が終了したことは喜ばしいことだ。
でもやっぱりフッ酸はいろいろヤバイ薬品なので使うのは極力避けたいものである。
posted by yopsuke at 01:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

食生活乱れる

朝ごはん・・・ウイダー
昼ごはん・・・うどん
晩ごはん・・・金ちゃんヌードル、麦チョコ
夜食・・・麦チョコ

最近は食生活良かったのですが、久々に乱れましたわ。
まだ実験終わらん。
posted by yopsuke at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

本日のバイク - Zephyr 750 RS (プチ Z2 仕様)

Zephyr 750 RS、川崎重工、空冷並列4気筒。

Zephyr 750 ・・・はっきり言って乗りたいバイク、欲しいバイク。(*´д`*)
エンジンのフィン、ヘッド、カムカバー、無塗装 etc.. エンジン見てるだけで飽きずに一日過ごせる。
まぁ、そんなわけですが今日駐車場で見たヤツはただでさえかっこええバイクなのにテールライトが Z2 仕様になっていたのだ。
そしてタンクは旧カワサキロゴ・・・じゃないんだな。
ただ闇雲に Z2 の幻影を追い求めず、現代的なデザインを生かしつつ、一点テールライトを変えるだけで Z2 を思い起こさせる。
カワサキの30年が凝縮されたような印象の、センスのいい Zephyr だった。

発売されて10年以上経っているはずだが Zephyr は何年経っても綺麗なバイクだなぁ・・・。
カワサキの Z は常に古くかつ新しい。

http://www.kawasaki-motors.com/model/zephyr750/index.jsp
posted by yopsuke at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Moto+Auto | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。